Gの英語のブログ

ちょっとかわった英会話ブログ!

英語と日本語は順番が違う

タイトルの通り、英語が難しいのは日本語の順番のせいだと思います。
例えば
明日あなたがディズニーに行くとしましょう
英語では
 
[I will go to Disney tomorrow.]
 
日本語では
 
[俺明日ディズニーいくよ!]
 
言葉の順番を比べてみましょう
英語では一人称のあとにまず行くという意思が入ります。
そして意思によって行こうとしているgoが入り
目的のディズニーが登場
最後に時間軸のtomorrowで〆てます。
 
英語みたいに日本語で言うと
[俺、いくつもり、ディズニー明日]
 
つまりまず自分の常態
I can
[俺 できる]
I did
[俺 やった]
I do
[俺 する]
 
そしてそのあとに手段や動き
I can play
I did go
I do get
 
最後にオチがきます
I can play game.
I did go home.
I do get a sword.
 
①自分 ②常態 ③手段や動き ④目的 ⑤時間
この順番がスタンダード
 
英語圏の方が片言で日本語を話すときは逆にこの順番が抜けないのです
「あなた!いった?会社!昨日!」(これは実際にフィリピンのおばちゃんに言われた言葉)
 
順番を意識すれば簡単な文章が組み立てられます。
是非意識して色々組み立ててみましょう。